演劇の魅力

観客の目の前でライブでする芝居のことを「演劇」といいます。
「舞台」と言うほうがわかりやすいかもしれません。
映画では1カットのなかで集中して芝居をし、監督や俳優のこだわりのもと納得するまで撮り直すことが可能です。
それに対して演劇は、一旦上演が開始されれば幕が下りるまでとまることはなく、セリフ忘れや間違いがあってもやり直すことができません。
生身の人間の姿を観客の前にさらし、体全体で芝居をし続けるのです。
映画は何度見ても変わりありませんが、演劇は上演し続けていることで芝居が深まるなど、日々変化していきます。
観客の反応によって俳優の演技が変わることもありますし、公演中でも演出が変わることもあり、一度として同じ舞台になることはありません。
時にはハプニングに遭遇したり、アドリブを楽しむこともできます。
そこにライブで芝居を観るという醍醐味があり、観客も演出者のひとりとなり作品の世界観を共有することができるのです。

注目サイト

中国切手の買取専門店大吉 黒崎店

神戸のケータリング

交通事故に強い弁護士

東京のライブハウスなら